FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    --/--/-- | --:--
    スポンサー広告

    8月13日 眠れぬ夜のサバイバル・パーティー~SO SOLDIER~(新宿 スペース・ゼロ)

    水木さんサイトの情報

    何気なく行ってびっくり。初日だったんですね。
    初日独特の盛り上がりと花の香りでした。
    それから、入場整理も手間取ってたし、開演が15分ほど押しました。

    どんな作品かと言いますと、

    1996年(平成8年)水木英昭が劇団スーパー・エキセントリック・シアター在団中に初上演し、好評を博しその後も再演、大阪公演、しまなみ海道イベント尾道演劇祭の招聘公演と、何度も上演されたものである。また、水木英昭自身が監督となり、「サバイバル自衛隊」として映像化された作品でもある・・・・・・そうです。

    落ちこぼれ自衛隊部隊と、謎の一般人家族のお話。

    確かにアクションはすごかった。どこが落ちこぼれ自衛隊員?って思ったけど。
    それから、場つなぎのダンスも、かなり気持ちよい。
    PaniCrewのメンバーが振り付けだったと思うが、好みの振り付けだった。

    しかし、物語的には、はっきり言って、後味悪かったです。
    舞台なんで、映画みたいな具体的なスプラッターになったりはしないけど、
    一方的にビシバシ殴られ蹴られが続くシーンが多くて、げんなり。
    見てるだけでダメージが。
    殺し屋だったら、もっと手際いい方法があるだろうに。
    アクションやりたいだけ?
    そして、納得できない展開の部分もいくつか。
    (例:他の部隊に何が起こって殺し合いになったのか)
    あと、ところどころデビルマンだのマジンガーZだの、ネタにするのって、
    ダ サ い
    と思ったんですけど、水木さんファンだと、こういうのはOKなんでしょうか?
    以前の上演や映画版とどの程度違うのかわからないんですけど、
    これが何故何度も上演されたり映像化されたりしてるのか、ホントに不思議。
    そんなに名作なのでしょうか?
    もちろん「いい話」だけが名作じゃなくていいし、個人的にはB級なモノは好きだし、
    グロも大丈夫なんだけど、この作品は、私にとっては、どうしても後味が悪かった!

    あまりに後味悪くて、終わったあと、牛丼と冷やしうどんのセットをかっこんじゃいました。
    (どうしてもまっすぐ帰宅する気になれず)
    牛丼屋に観光客外人が来て、どうも日本が初めてらしくて困っていたので
    自動販売機の使い方を教えてやり、
    その後彼がお店で写真撮ったりビデオ撮ったりしてるのを見て、なごみました。
    外人くん、感謝(なんのこっちゃ)
    スポンサーサイト


    2009/08/14 | 12:23
    舞台・観劇コメント:0トラックバック:0
    コメント
    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事にトラックバッ クする(FC2ブログユーザー)


    Copyright © Differences All Rights Reserved. Powered By FC2. 
    Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。